人見知りの方必見 – 心理学を活用して初対面の人と会話をするコツ

カテゴリー: 婚活のコツ, 心理学

結婚相談所のカウンセラーをしていると、人見知りという事で悩んでいる人が時々います。
人見知りをする人の心はこのような状態ではないでしょうか?

  • 友達とは普通に話せるのに、初対面の人とは何を話して良いのかわからない

なぜ、人は初対面の人だと上手く話せないのかというと「緊張」してしまうからです。
今回は、人見知りの人でも心理学の観点から緊張感を和らげるポイントをお伝えします。

鏡の法則

「鏡の法則」という言葉を聞いたこと有りますか?
多くの人は「無い」と答えると思います。

鏡の法則は、自分の周りの人は、自分を映し出してるという心理学の法則で、簡単に言うと、あなたがムスッとしてると相手もムスッとなり、あなたが笑顔で明るくしてれば相手も明るくなるという法則です。

人見知りの方が初対面の人との会話が盛り上がらない理由として、以下のような状況が考えられます。

  1. 緊張して表情が硬くなる
  2. その表情から相手の緊張も高まり、相手の表情も硬くなる
  3. その状況で、何か話さなければと考えさらに緊張する
  4. その緊張感は表情から相手に伝わり相手もさらに緊張

逆に初対面でも上手く話せたという時は、笑顔で楽しい会話になっていると思います。

  1. 相手が明るい人で緊張がほぐれる
  2. 自然と楽しい気分になる
  3. そんなあなたを見て相手も楽しい気分になる
  4. 結果、盛り上がる

人見知りの方でも、この人は初対面とは思えないぐらい沢山話をしたという経験があると思います。
それが笑顔の効果です。

おそらく、相手が明るい性格でいつも笑顔を絶やさない人であるとか、人と話すことに慣れていたのだと思います。

人見知りの人は、初対面や親しくない人と話をする時には緊張しています。
緊張することにより、表情が硬くなって、相手に話しづらい印象を与えてしまいます。
そうなると、相手も硬い表情になりあなたもさらに話しづらくなってしまうのです。

「緊張してはいけない」というのは難しいと思うので、表情だけでも笑顔するいいですよ。
あなたの笑顔で相手も笑顔になってくれれば、あなたの緊張も徐々にほぐれてきますよ!

「何か話さなくては」と頑張っても笑顔が無いと緊張してしまうだけです。
初対面で相手の事をよく知らないわけですから、良い話をする必要はありません。
明るく楽しん雰囲気作りをすることを心がけましょう。

緊張感がやわらぐ座る位置

緊張を座る位置により和らげる心理的なテクニックがあります。
それは、向かい合って座らないということです。

笑顔の話は、説明しなくてもなんとなく感じている人も多いですが、この座る位置については知らない人も多いです。
なぜ、座る位置で緊張感がほぐれるのかというと、ポイントは視線です。
人は視線を感じると緊張します。特に、目が合うということは、自分の意識が相手に向き、相手の意識が自分に向いていることを意味します。
みなさんも、目が合った時に思わず目をそらしてしまったと言う経験はありませんか?

これは、相手の意識がコチラに向いた事を認識し、緊張感が高まるためなのです。
その緊張感をやわらげるオススメの位置があります。

複数の場合、左斜め前がオススメ

合コンなどの時、意中の人の正面や隣に座ろうと考える人が多いですが、正面に座るのは間違いです。合コンなど複数の人で会う場合にオススメなのが気になる人の左斜め前です。

左斜め前がオススメな理由は、安心感を与える位置だからです。
斜めというのは、緊張感が和らぐ位置です。相手との緊張感を和らげるのはもちろん、自分自身の緊張感も和らぐので、人見知りの人にはオススメの位置です。
また、左側と言うのは安心感を与える位置であるため、左斜め前がより良い位置です。
この左斜め前は、「恋の距離」なんていわれたりします。

正面は意見をいう位置で緊張感や圧迫感を感じます。
そのため、仕事など重要な自分の主張などをしっかり聞いてもらいた時に使うと効果的です。
合コンの場合、自分の主張を聞いてもらうことが目的ではなく、相手との距離を縮めることが目的なので正面はオススメしません。

隣は、パーソナルエリアです。
親しくない人がパーソナルエリアに入ると違和感を感じてしまいます。
仲良くなってから隣に座るのが良いでしょう。

左斜め前で、安心感を与え仲良くなったら、左横に座ると言うのが自然に距離を近づけるポイントです。

2人の場合、身体をずらす

複数の場合、正面に座らないことが出来ますが、一対一の場合正面に座らなくてはいけない事もあるしでしょう。
その場合、身体を右に向けましょう。
左斜め前に座ってるようなイメージにしましょう。理由は上記に書いたので説明は不要かと思いますが、恋の距離だからです。

注意点として、あまり右に向けすぎると失礼な人だと思われる事もあるので、気をつけましょう。

まとめ

今回の話は、笑顔による緊張感の緩和と座る位置による緊張感の緩和です。
人見知りの人は、この2つを意識することで緊張感を和らげることができます。

また、自分は人前で話すことも多いし、人見知りはしないという人も、この2つを知っておいた方が良いと思います。
なぜなら、日本人の8割は人見知りをするといわれており、相手が人見知りである可能性は高いです。
この2つを意識することで相手の緊張感を緩和させることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *