婚活のスペックは男女によって見る場所が違う?

カテゴリー: 婚活のコツ

婚活のシステムを分析すると、スペックを重視しているのは女性の方が多い事になっています。

しかし、実際にスペックで判断しているのは男女共に変わらないと思います。
そこで異性がスペックのどの部分を見ているのかが分かれば婚活がしやすくなると言えるので今回はその詳細について、お伝えしていきます。

女性がチェックする男性のスペック

女性が男性のどのスペックを重視するのかというと「年収」です。そして職業や学歴も関係してきます。この3つに共通するポイントは収入です。
年収が800万以上などと高年収であることを重視する人も年収が平均レベルであって安定した職業であれば良いと言う人も居ます。どちらも年収を重視していることになります。
年齢が若い場合それほど年収が高くなくとも学歴等を見て将来性を判断することもあります。

女性は、自分で稼ぐ事が難しい為、結婚相手の年収を当てにする人が多いです。
その為、自分が少しでも良い生活を送りたいと考えた時、少しでも年収の高い人と考えるのです。男性の年収や職業や学歴については、出来るだけスペックの高い男性を!と望むのです。

高い年収を求めていない人であっても、安定した職業の人が良いと考える人も多いです。
男性に求めるスペックは、年収に関係するものに目がいきます。が多くなります。

男性がチェックする女性のスペック

男性が見るところは、家庭的かどうかです。
しかし、家庭的と言う部分はスペックとしては現れません。その為システムで分析をすると「年齢」になりますが実はこの家庭的かどうかが重要なのです。

男性も女性も外見が良いほうが良いとは思っています。
しかし、それが絶対条件ではありません。男性は女性をスペックで判断しにくいため、とりあえず外見に関係しそうな「年齢」で絞りますがとりあえず絞り込むぐらいのレベルです。

絶対子供が欲しいと考える人は、不妊や高齢出産のリスクを考えるため「35歳まで」と考えている人も多いですが、男性は女性と比べて子供がほしいという執着は低いため、ごく一部の男性です。

ニュースなどでは、女性の社会進出が目立ちますが、女性も男性も、男性が働き女性が家を守るという事を理想にしている人が多いです。社会情勢的に男性の年収が下がって来たため女性が社会進出するようにはなりましたが、できれば働かずにママ友とランチをしたいと考えている人が多いです。その現れが、女性がチェックする男性のスペックは「年収」なのです。

話がそれましたが、男性が結婚を考えた時に家庭的であるかどうかを重視します。これは女性が男性の年収を気にするのと同じことだと言えます。

同じ家庭的な女性がいれば若い(外見が良い)方を選ぶため女性は早いうちに婚活を始めた方が有利でであることに変わりません。「30歳になったら婚活を始めよう」と決めている人も多いですが、30歳を待たずに婚活を始めた女性の方が、結果として理想的な男性と出会える確率が高くなります。

男性に選ばれるためには

男性が結婚相手を選ぶポイントが「家庭的」なので、それを目指すようにすれば、男性に選ばれる確率は上がります。

例えば、料理や掃除が趣味の女性とネイルやオシャレが趣味の女性がいた場合、料理が趣味の人の方が選ばれやすいです。

男性に選ばれるためには自分磨きが重要です。
料理教室に通ったり、片付け上手になるというのもいいでしょう。

また、男性は家庭に居心地の良さを求めます。
家が片付いてて気持ちが良い、料理が美味しくて居心地が良いと言うのもありますが。
帰宅した時の妻の笑顔や楽しく明るい家庭なども求めています。

「おかえりなさい」と笑顔で妻がほほ笑んでくれて、美味しい夕食が待っている…というのは男性としては理想なのです。

つまり、笑顔やコミュニケーションが大切です。
この人とだったら楽しい人生が送れそうと言うイメージを持ってもらうことです。

今の自分よりも家庭的になるようにしましょう。ブランド品ばかりを身に付け派手な女性は遊び相手としてならモテます。しかし、結婚となると出来るだけ清楚で明るい雰囲気になるように、心がけると良いです。

少し意識するだけで、雰囲気が良い方向に変わる場合は多いですから、自分には無理と諦めずに、男性の理想の妻像を目指してみましょう。

女性に選ばれるためには

男性はやっぱり年収というスペックで判断されます。

なので一番重要なのは、仕事を頑張ることです。
年収で判断する為、年収が少しでも高ければ有利であることに間違いありませんが、年収が普通のレベルであれば全然大丈夫です。

時々、年収800万以上などという白馬の王子様を待っている夢見がちな女性もいますが、多くの方はちゃんと現実を見ています。
一人が複数人と結婚出来るわけでもなく、年収の高い男性はそれだけライバルも多く現実的な所に落ち着きます。
現実的にこの年収では結婚はキツイと言うレベルでなければ可能性はあります。
ただ、お金に苦労したくないと言う思いはあるため、一定水準以上の年収やあなたが転職を繰り返したりしないかなどは見られるでしょう。

男性は、精一杯仕事を頑張る事が大切です。

また、女性は争いを好まず共感を求める生き物です。
一緒に悩んでくれたり、自分を大切に思ってくれ、安らげる男性に惹かれます。
この様な男性になれるように意識をしてみると、婚活でモテる男性になれる可能性はかなり高いでしょう。

まとめ

結婚相手を選ぶ時にどのスペックをチェックしているのか知っておくのはとても大切です。
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と言う言葉があります。

相手が求めているものをしてあげることができれば、相手はあなたを選びます。

最終的には、人の心と心の結びつきです。
相手を想う気持ちがあれば自然と相手が何を求めているのかが理解できます。
そう言う信頼関係が築けるように意識しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *