婚活で理想が高い自分を感じた時の対策法!

カテゴリー: 婚活のコツ

婚活で理想が高いのかも…と自分で思うような時も。ではどのような時に理想が高いと感じるのでしょうか。その時の対策法について見ていきましょう。

相手がなかなか見つからない場合

婚活をしていても、この人!と思う相手と出会えないと、自分の理想が高いのが原因かもしれない…と思うかもしれません。でも短い婚活期間で理想の相手と出会う人もいれば、思っていたよりも時間がかかるケースも。

少し心に余裕を持ちながら、婚活をするようにしてみましょう。これが出来れば、相手がなかなか見つからなくても、あまり焦ることは無いはずです。焦れば焦るほど見つからない場合もありますので、一度落ち着いて自分を見てみる必要があるでしょう。

相手がなかなか見つからないのは、理想が高いからと思った場合には、自分の理想についても再度見つめ直してみると良いですね。

一度のデートで終わってしまう場合

デートが出来る!と思い嬉しい気持ちになっても、一度デートをしただけで二回目のデートにつながらない場合も。初デートの時に、相手に対して質問をしすぎたのが原因の可能性もあります。

自分にとっては普通の質問と思ってしたことでも、相手は「この人は理想が高い…」と感じてしまう場合もあるでしょう。初デートをした時に、いきなり深い質問をするよりも他愛ない話をしながら、たまに聞きたい内容を聞くようにすると、会話が弾みやすいです。

質問攻めにしてしまうと、相手が困る場合もありますので相手にとって居心地の悪い存在になってしまう場合も。こうならないように、相手をゆっくり理解できるようにリラックスをしたデートをした方が良いでしょう。

連絡をしても返信が無い場合

連絡をしたら、出来るだけ早く返信がほしいと思う人もいます。自分は人から連絡がきたら、待たせるようなことはしないと決めている人も。そうなると、相手が連絡をちゃんとくれないと、とても嫌な気持ちになるのです。

相手から返信が無い時には、何度も催促をしてしまう場合もあるでしょう。これから結婚をする相手なら、ちゃんと返信をしてくれる相手でないと!と思ってしまう気持ちも。でも人には都合がありますので、返信が出来ないタイミングもあります。

これを理解してあげると返信を待てるようになるため、相手とのやりとりもうまく行くでしょう。

見た目を重視している場合

とにかく見た目を重視!という人もいます。見た目の良い相手なら、友達からうらやましがられると思う気持ちも。でも相手の内面を見ないで、見た目だけを重視してしまうと相手の内面がよく分からないまま、仲良くなってしまう時もあります。

そのまま結婚出来れば良いのですが、後から「見た目を重視しすぎてしまった」と後悔をすするパターンも。自分の外見に自信が無いから、ルックスの良い相手を選ぼうとする人もいます。

自分の足らないところを、結婚相手で補うとする人もいるでしょう。でも結果として、自分が高望みをしているように思い、更に自信が持てなくなることもあるのです。

自信が持てるような相手を見つける方が大切ですから、自分らしさについて考えてみると良いですね。

家柄の違いを感じた時

婚活をしていて、家柄の違いを感じるような時も。それまでは仲良くできると思っていたけれど結婚の話をしようとしても、相手が真剣に話してくれない場合も。これは家柄の違いのようなものを、相手が気にしているかもしれません。

相手としては、自分の家柄に釣り合う相手をと思うのでしょう。ここで、もしかしたら自分は高望みをしているのかな…と淋しい気持ちになる時がありますよね。結婚は二人だけの問題ではありません。

家同士のことでもありますから、あまりにも不釣り合いのような家柄同士になると、結婚が成り立たない場合も。今の時代は家柄なんて関係ない!と言ってくれる相手もいるかもしれません。

でも相手がこう思っても、相手の両親が許さない場合もあるのです。結婚してから様々なことでもめるよりも、家柄の違いがあると感じた時には相手とよく話し合い、自分の親にも相談をしてみた方が賢明です。

話がかなり進んでからになると、取りやめをしなければいけない時にショックが大きくなるでしょう。両親から相手の両親に連絡をしてもらい、話し合ってもらいうまくいく場合もありますので、自分だけで悩まずにこういう時こそ両親を頼るようにしたいですね。

まとめ

婚活で理想が高いかどうかは、自分では気が付かない場合も。人から言われてみて分かる時もありますが、なかなか正直に言ってくれる人は少ないでしょう。

婚活をしていて、相手から「高望みをしている」と言われる機会もないはずです。そのため、自分で気が付くことが必要になるのです。

このまま結婚まで進んでいける!と思っていたのに、結果として高望みをしていたと後から分かるよりも、冷静に自分を見て高望みをしていないかどうかを考えるのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *