彼と喧嘩をした時に上手に仲直りする5つのコツ

カテゴリー: 婚活のコツ

彼と喧嘩をするきっかけは、突然訪れる場合があります。とても仲良しの二人なので喧嘩なんてありえないと思っていても、喧嘩をしてしまう時はあるでしょう。
では彼と喧嘩をした時には、どうすれば上手に仲直り出来るのかについて考えていきましょう。

自分の非について考える

まずは自分に非が無かったかどうかを考えましょう。相手の非について先に考えるのではなくて、自分が相手を怒らせてしまったり、不快にさせてしまったりしたことが何かあるのでは…と考えるのが重要です。
もしも考えたうえで、これが原因かもしれない…と思うものがあった場合には、ここで反省をする必要があります。何気なく言った言葉でも、男性にとってとても傷つく場合もあります。
でもその時には「えっ、なぜ怒るの?」と驚いてしまう場合も。喧嘩をしてから、冷静に自分のしたことについて考えてみて、喧嘩の原因が分かるケースは多いのです。相手の非を探してばかりでは、喧嘩の原因が分からないかもしれません。

相手の非について思い出してみる

実際に自分に非はほとんどないと思ったのなら、相手の非について考えるようにしましょう。ここで相手の非について考えると、更に腹が立つような場合も。でも出来るだけ落ち着くのがとても大切なのです。
落ち着いて考えてみても、やっぱり相手のしたことが悪いと思うのなら、相手に対してそれを伝える必要があります。相手としては、自分が悪いと全然分かっていない場合もあるからです。
でも相手を責めるような言い方をしてしまっては、喧嘩が長引くだけになってしまうでしょう。責めるのではなくて、穏やかに話が出来るようになるまで少し時間をかけてみるのも必要に。

相手への気持ちについて考える

相手に対してどういう思いを持っているのかを、この機会に考えても良いでしょう。もし何度も同じ内容で喧嘩をしているのなら、これでは良くない…と思ってお互いに変えていくべき必要があるでしょう。
出来れば同じ内容で何度も喧嘩をしたくないですよね。そして何度も喧嘩をしているけれど、相手を大切に思いこれからも一緒にいたいかどうかを考えてみましょう。これを考えた時に、自分にはもっと合う相手がいるかもしれないと思うかもしれません。
相手が短気でわがままな場合には、これから何度も傷つく可能性があります。それでも相手を好きで、付き合っていきたいと思うのかをよく考えてみましょう。
交際中に我慢をするような機会はあるかもしれませんが、でもあまりこちらだけが我慢をするのは、精神的にも良くありません。自分の中で相手への気持ちがどのくらいあるのかを、よく考えてみると「謝ろう」と思うのか「一度話し合わないと…」と思うのかも分かってくるでしょう。
自分が謝れば済むと思わずに、相手に対しての思いと相手が自分を大切に思ってくれているのかについて、考える機会だと言えるでしょう。

相手と連絡を取ってみる

彼と喧嘩をした後は、連絡を取りにくいものです。こちらから連絡をしたら負けだと考える女性もいるでしょう。自分から謝るのが悔しいという思いもありますよね。
でもここで意地を張ってしまい、本当に大切な相手を失うほうが悔やむことになるでしょう。そのため、相手と連絡を取るようにしてみましょう。相手と連絡を取る時には、本来は声のトーンや話し方がどのような感じか知るために、電話をするかLINEなどの通話機能を使った方が良いですね。
メッセージだけでのやりとりは、彼と喧嘩をしている時には、相手が悪いように取る可能性もあるのです。ここで更に誤解がうまれてしまうかもしれませんので、出来るだけ通話をするようにしましょう。
ここですぐに謝る方法もありますが、まずは「仕事お疲れ様。元気にしている?」のように話してみましょう。相手としても労いの言葉から来ると、怒る気持ちになりにくいのです。

喧嘩についての話題は後回しに

まずは喧嘩についての話ではなくて、違う話題を出すのも仲直りをするひとつの方法です。喧嘩の話をすると、相手としては怒っていた時の気持ちを思い出してしまうでしょう。
自分の方も「あの時は嫌だったな…」と思ってしまうのです。このため、まずは他愛無い話からするようにしましょう。季節的な話でも良いですね。お互いの共通の知人の恋愛がうまくいっているという、明るい話題を出すのをお勧めします。
ここでマイナス思考の話題になると、喧嘩に対して謝ろうとしてもうまくつなげられないもの。でも明るい話題でお互いに盛り上がることができれば、こちらからも謝りやすくなり、相手からも謝ろうかな…という空気になれるのです。

まとめ

彼と喧嘩をするのが当然のように慣れてしまうよりも、喧嘩をする原因を究明して同じような喧嘩をしないのが大切です。もし今までには無いような原因で喧嘩をした時も、このようなステップで彼との仲直りにつなげるようにしましょう。
謝りたくても素直になれないのは、相手も同じかもしれません。男のプライドが邪魔をしている可能性もありますので、女性らしさを大切にして優しく「ごめんね」と伝えると、相手も素直に謝ってくれる可能性は高いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *