会話がうまくなる方法を知って相手との距離を近づけよう!

カテゴリー: 婚活のコツ

会話がうまくなる方法を知っている人は、異性とのやりとりにも余裕があるように見えますよね。でも緊張をすればするほど会話をしづらくなる時も。

どうすれば会話がうまくなれるのでしょうか。その方法について一緒に考えていきましょう。

長く話そうとしない

長く話を続けようとすると、プレッシャーを感じてしまいます。ただ一言「綺麗な景色ですね」と言うだけでも、ここから会話が広がっていく場合もあるでしょう。

でも、長く会話をしなければ…と最初から思ってしまうと、どうしても無理をするようになります。自分の中で整理がつかないまま話すので、聞いている側としては脈絡がないように思い戸惑ってしまうでしょう。

話している本人も、自分の話している内容の中で何を一番伝えたいのかが分からなるのです。これでは、会話が成り立ちにくいでしょう。こうならないためにも、ひとまず短文で話す習慣をつけてみましょう。

短文で話すようにして、余裕があればもう一言を足してみる…というようにすれば、段々と会話上手になっていきます。

質問をうまく取り入れる

自分のことを話してアピールしたい思いがあっても、緊張して出来ない場面も。こういう時には相手に対して質問をするようにしてみましょう。ただいきなり深い質問をしてしまうと、相手が返事をしにくくなるケースも。

すぐに返事が出来るような質問をいくつか考えて、聞いてみるようにしましょう。質問をされるのは「自分に興味を持ってくれている」と相手は思うので悪い気はしないのです。

質問ばかりしていては、相手も答えるのが大変ですがいくつかの質問をするのは問題ないでしょう。ここで自分との共通点を見つければ、会話が弾む可能性も出てくるのです。

目を見ないと!と思い過ぎない

視線は確かに大切です。でも相手を意識すればするほど、目を合わせにくい場合もありますよね。こういう時には話す時に必ず目を見ないと!と自分で思わずに、時には目を合わせて時には首元を見るようにしたりしてみましょう。

自分の視線に自由を与えるようにすると、心も自由になってくるのです。人と話す時には目を見ないと失礼…と思い込んでいる人もいますが、それはケースバイケース。

例えばカウンター席で食事をしたり、お酒を飲んだりした方がリラックスできる場合もありますよね。相手とのやりとりに慣れるまでは、目を見ないと!とあまり思わずに自然に任せてみましょう。

笑顔になると、相手の目をいつのまにか見つめることができたりするもの。常に目を見て話さないとなると、相手としては「嫌われているのかな」と不安になるかもしれません。

相手を不安にさせないためにも、時には目を見るように意識してみましょう。でも長い間目を合わせて疲れを感じた時には、目を少しそらしても相手はあまり気にしないものです。

こちらが思っているよりも失礼ではないので、気にせずに自分のペースで相手を見つめるようにしてみましょう。

自分の声のトーンやテンションについて知る

会話がうまくできないのは、会話の内容が浮かばないということもありますが、自分の声のトーンやテンションについて自信が持てない場合もありますよね。

どういう話し方をすればいいのか分からない…と思うと、どうしても話しにくくなってしまいます。こういう時のために、一人の時に部屋でスマホに自分の声を録音してみましょう。内容は、自己紹介のようなものでも良いですね。

「こんにちは〇〇です。今日は良いお天気ですね」など、自分の思いつくままに話してみましょう。これを後から聞いてみると、なるほど自分の声や話し方はこういう感じなんだと分かるのです。

これが分かると、少し安心感を持つ場合が多く落ち着いて話せるようになるでしょう。自分の声のトーンやテンションが、相手から見て良い印象を与えるのか分からないため、不安で会話がしづらい場合もあるため、不安は出来るだけ解消するようにしましょう。

実際に相手と会話をする時は、一人で録音をしていた要領を思い出すと以前よりも言葉が出やすくなっているはずです。

表情を意識する

会話上手な人は、会話の内容に合った表情をすることができます。会話の内容に合う表情を心がけてみると、相手との距離が近くなる場合が多いでしょう。

つまりは相槌を打つとしても、この場面ではこうしてみようと工夫をすると、相手としては「この人とは話しやすい」と思ってくれるのです。表情豊かになるためには、テレビや動画を自宅でボーッと見るのでなくて、場面に合わせて表情を変化させてみましょう。

クールに思われやすい人は、会話をする時にも表情があまり変わりません。そのため相手が話しづらさを感じてしまうのです。でも表情を豊かにするように心がけると、会話を楽しむ余裕が生まれてくるでしょう。

まとめ

会話がうまくなる方法は他にもありますが、まずはこれらを意識してみると今まで会話を苦痛に感じていた自分ではなくて、会話を楽しめる自分に少しずつ変わっていけます。面白いことや楽しい内容を話さないと!と思わずに、心に浮かんだ思いを相手と共有する気持ちで会話をしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *